MENU

ローズオットー(精油)の効果・作用

香りの系統 フローラル系
学名 rosa damascena
科目 バラ科
主な産地 ブルガリア・フランス・モロッコ・トルコ・モロッコ
抽出部 花弁
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
主な作用 緩下・強肝・強壮・健胃・抗うつ・子宮強壮・止血・消炎・浄血・鎮静・収れん作用

 

 

 

 

ローズってこんな精油です!

 

 

原料:小さなトゲをもつバラ。

 

ローズの精油の中で水蒸気蒸留法で得る精油のことをローズオットーと呼び、スキンケアに向きます。

 

 

深くて甘い優雅な香りがします。

 

精油の女王と言われ精油1滴を生成するのにバラの花が約50個必要です。

 

女性の心と体のの悩みに役立つのが、この精油の特徴です。

 

生理の周期を正したり、失恋で抑うつ的な状態のココロに元気を与えたりします。

 

 

ローズの効能と作用

 

心への作用

抑うつや悲観、嫉妬といった感情を和らげる
自己肯定する勇気を与える
緊張やストレスをやわらげる
セクシーな気分にさせる

 

 

体への作用

子宮に働きかけて不調を改善する
生理前の緊張感や生理痛をやわらげ、生理周期を正常化させる
肝臓と脾臓を強くする
吐き気や便秘の解消に効果的
更年期の諸症状を好転させる
不妊治療の補助的な働きをする
血液循環を活発にする
心臓・胃を強化する

 

 

お肌への作用

毛細血管を強化する
特に乾燥肌や老化肌、敏感肌に有効

 

 

 

 

使用上の注意点
妊娠中は使用を避けたい精油です。

 

 

 

 

ローズとブレンド相性の良い精油

フローラル系
ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン

 

 

柑橘系
ベルガモット

 

 

樹木系
サイプレス