MENU

プチグレン(精油)の効果・作用

香りの系統 柑橘系
学名 citrus aurantium
科目 ミカン科
主な産地 スペイン・イタリア・パラグアイ・チュニジア
抽出部
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
主な作用 鎮静・抗うつ・抗不安・自律神経調整・精神安定・神経強壮・皮膚組織活性・抗菌・抗ウイルス・癒傷

 

 

 

 

プチグレンってこんな精油です!
葉を揉んだときの青臭さと少しネロリを思わせる香り
ビターオレンジの葉

 

原料:ビターオレンジから採れる3種類の精油のひとつ。

 

 

原料にした果実が穀物の粒に似ていたことと葉の蒸留後に精油が小さな粒のように水面に浮いてくる様から、小さな粒・穀物という名が付きました。

 

プチグレンの香りは、副交感神経の働きを高めて自律神経のバランスを調整する。

 

プチグレンの相場価格

 

内容量10mlで540円〜1,620円

 

※ネロリと効能は似ているがプチグレンの方が安価で購入しやすい。

 

 

 

プチグレンの効能と作用

 

心への作用

精神的疲労・自律神経のアンバランス
中枢神経を抑制する作用が強い。
責任や重荷を抱えやすく、長く心身ともに疲れてしまった人に。
心理的に動揺し、プレッシャーや心配で押し潰れそうになった時、乗り越える強さを与えてくれる。

 

 

 

体への作用

消化不良・疝痛・胃痛・胃炎・嘔吐・月経痛
咳を鎮める。
月経痛・しゃっくりにも効果的。
免疫力を高めるので、病後の回復にも役立つ。

 

 

 

お肌への作用

ニキビ・脂性肌・老化肌
皮膚分泌が過剰な肌や頭皮を静浄にする。
脂っぽいふけが出る時に、リンスとして使用する。
老化によるしみを予防する。
皮膚の組織を再生し、ニキビや傷の治りを早める。

 

 

 

プチグレンの主な使用方法

アロマバス・トリートメント・スキンケア・香水・芳香浴・吸入

 

 

 

 

使用上の注意点
車の運転や集中したい時は、使用を避ける。

 

 

 

 

プチグレンとブレンド相性の良い精油

フローラル系
ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン

 

 

柑橘系
ベルガモット

 

 

樹木系
サイプレス