MENU

パチュリー(精油)の効果・作用

香りの系統 エキゾチック系
学名 Pogostemon cablin
科目 シソ科
主な産地 インド・インドネシア・マレーシア・マダガスカル
抽出部
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ベースノート
主な作用 鎮静

 

 

 

 

パチュリーってこんな精油です!
オリエンタル調で、東洋的なイメージが強い香り

 

原料:約70cmほどに成長する多年生の草木

 

 

古くからアジア地域でさまざまな用途に利用されてきた植物で、マレーシアではハチや毒ヘビに対処するハーブとして使用されていますし、インドでは防虫剤として使用されています。

 

また、お香やオリエンタル系の香水の原料にもなっています。

 

パチュリーの市場相場価格

 

内容量10mlで540円〜1,620円

 

 

 

 

パチュリーの効能と作用

 

心への作用

うつ状態・不安・緊張・ストレス・インポテンツ・不感症・慢性疲労
パチュリーの甘い香りには、緊張や不安を和らげる抗うつ作用と催淫作用が知られている。
過労や慢性的なストレスから免疫力が低下しているような時に芳香浴で用いると良い。
ストレスから過食傾向にある時、食欲を調整してくれます。

 

 

 

体への作用

むくみ・脚の疲れ・坐骨神経痛
静脈やリンパの流れを刺激して体液の滞留を改善する。
その結果、カラダを温めるので、むくみがちで冷え性、静脈瘤になりやすい人に使うと良い。
軽い解熱・消化促進の効果もある

 

 

 

お肌への作用

脂漏性湿疹・ニキビ・かゆみ・あかぎれ・手荒れ
パチュリーにはラベンダーやネロリのように皮膚を再生させて新陳代謝を促進させる作用がある。
たるんだ皮膚の引き締め、老化肌、あかぎれ、硬く荒れた肌、傷や傷あとのケア、ニキビ、脂っぽい頭皮とふけ対策に用いるとよい。

 

 

 

パチュリーの主な使用方法

アロマバス・トリートメント・スキンケア・香水・芳香浴

 

 

 

 

使用上の注意点
香りが強いので、少量(1滴程度)で十分。
くせのある個性的な香りなので、使用場所にはご注意を。

 

 

 

 

パチュリーとブレンド相性の良い精油

フローラル系
ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン

 

 

柑橘系
ベルガモット

 

 

樹木系
サイプレス