MENU

レモングラス(精油)の効果・作用

香りの系統 ハーブ系
学名 cymbopogon ciratus
科目 イネ科
主な産地 ベトナム・スリランカ・インドネシア・インド
抽出部 根を除く全草
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
主な作用 鎮静・鎮痛・抗アレルギー・血流促進・血管拡張・血圧降下・消化促進・駆風・抗炎症・解熱・収れん・抗菌・抗ウイルス・抗真菌・昆虫忌避

 

 

 

 

レモングラスってこんな精油です!

 

 

原料:草丈の高いイネ科の多年草

 

 

レモングラスに含まれている成分シトラールには、抗ヒスタミン作用・抗真菌作用、抗菌作用、抗がん作用、鎮静作用、鎮痛作用があるが、皮膚刺激もあるので、使用濃度には注意する。

 

レモングラスの相場価格

 

内容量10mlで490円〜2,700円

 

 

 

レモングラスの効能と作用

 

心への作用

興奮・神経過敏・無気力・集中力の低下
過度な興奮や神経過敏になっている時に、鎮静し気持ちを切り替えてくれる香り。
精神を高揚し、活性化してやる気や集中力を増すので、勉強やデスクワークに向いている。

 

 

 

体への作用

冷え性・筋肉痛・肩こり
鎮痛作用や血流を促す作用があり、筋肉や腱などの働きを高めることから、捻挫、筋違い、筋肉痛、肩こりの人に。
体の働きを強壮する作用がある。

 

 

 

お肌への作用

ニキビ・デオドラント・消臭・虫刺され・皮膚真菌症
過度の発汗や体臭の予防に。
殺菌・消毒し、デオドラント効果が高い精油なので、夏用のボディローションに少量ブレンドしておくと良い。
レモングラスに含まれているシトラールという成分は白癬菌に効果があるとされ、水虫の対策におすすめできる。

 

 

 

その他

抗菌・消臭の効果もあり、ノミやダニを予防するのでラベンダー・ヒノキとブレンドし、ケージの掃除やペットの被毛のブラッシングにも使われる。

 

 

 

レモングラスの主な使用方法

アロマバス・トリートメント・スキンケア・芳香浴

 

 

 

 

使用上の注意点
高濃度で使用すると皮膚刺激がある。
妊娠中の使用は避ける
眼圧を上げるので、緑内障の方への過度な使用は避ける。

 

 

 

 

レモングラスとブレンド相性の良い精油

フローラル系
ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン

 

 

柑橘系
ベルガモット

 

 

樹木系
サイプレス