MENU

レモン(精油)の効果・作用

香りの系統 柑橘系
学名 citrus lemon
科目 ミカン科
主な産地 イタリア・南ヨーロッパ・アメリカ
抽出部 果皮
抽出方法 圧搾法
ノート トップノート・香りは強め
主な作用 緩下・強肝・強壮・駆風・血圧降下・血糖値低下・解熱・健胃・抗ウイルス・抗リウマチ・抗神経痛・止血・止痒・浄血・制酸・利尿・収れん・皮膚軟化・腐食・免疫賦活・殺菌・殺虫・消毒作用

 

 

 

 

レモンってこんな精油です!

 

 

原料:最大で6mほどまでの高さに育つ常緑樹。
柑橘系の果実を意味するアラビア語の「ライムン」とペルシャ語の「リムン」から名づけられた。

 

キリっと引き締まったフレッシュな香りがします。

 

この精油は、いろいろな感染から体を守る白血球を刺激します。

 

そのため、傷を治し、感染症を予防し、感染症になった場合は回復を早める効果があります。

 

また、カラダの酸性を中和するため、酸性に傾いた症状(胃酸過多など)に効きます。

 

 

レモンの効能と作用

 

心への作用

リフレッシュ効果が高く、興奮した時、心を冷静にさせる
頭脳を明瞭にする

 

 

体への作用

免疫系を活性化し、感染症と戦う力を与える
外傷に効く
高い血圧を低くする
咳・風邪、のどの痛みを改善する
高い体温を下げる
胃酸過多を改善し、胃痛を和らげる
消化器系の強壮剤となる

 

 

 

お肌への作用

拭くなった角質を取り去り、肌色を生き生きとさせる
収れん効果で肌を引き締める
イボ・ウオノメの除去にも役立つ

 

 

 

その他

キッチンなどの殺菌に役立つ

 

 

 

使用上の注意点
敏感肌には刺激が強すぎるので、注意が必要
肌に使用した直後は直射日光には当たらないこと。

 

 

 

 

レモンとブレンド相性の良い精油

フローラル系
ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン

 

 

柑橘系
ベルガモット

 

 

樹木系
サイプレス