MENU

フランキンセンス(精油)の効果・作用

香りの系統 樹脂系
学名 boswellia carterii
科目 カンラン科
主な産地 ソマリア・インド・オマーン・イエメン
抽出部 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法・有機溶剤法
ノート ベースノート
主な作用 鎮静・抗うつ・抗カタル・癒傷・皮膚細胞活性・抗菌・抗ウイルス・抗真菌・免疫強化

 

 

 

 

フランキンセンスってこんな精油です!

 

 

原料:乾燥した半砂漠地域に育ち、梅に似た外観の低木。

 

木の樹脂の精油だが、木の葉や枝に含まれる成分を含み、拡散すると森林浴効果も期待できます。

 

 

澄んだ甘さがあるバルサミックな香りで、わずかにレモンの香りも漂う。

 

心を静めて免疫系を刺激し、抗アレルギー作用も期待できる精油です。

 

フランキンセンスの相場価格

 

内容量10mlで750円〜3,240円

 

 

 

フランキンセンスの効能と作用

 

心への作用

現在でも分析不明な芳香成分が多く、神聖な儀式に使われた古代の歴史そのままの香りによる精神的作用を期待して用いられます。
プチグレン・ラベンダー・ネロリ・マンダリン・ローズと合わせると抗不安、抗ストレス作用に優れたブレンドになります。

 

 

体への作用

殺菌消毒、肺や鼻、のどの粘膜を鎮静し、過剰な粘膜を排出する。
気管支炎や風邪の時に良い。
虚弱体質の人や極度に緊張し、カラダ全体がこわばっているような人にも良い。

 

 

 

お肌への作用

乾燥肌や老化肌、あかぎれなどによい。
肌をうるおし、やわらかくする。
傷の回復を早める作用があり、傷ついた皮膚を若返らせて再生させる。
キャロットシード・ローズ・ネロリ・ラベンダーなどとのブレンドは皮膚のアンチエイジングに特におすすめ。

 

 

 

フランキンセンスの主な使用方法

アロマバス・トリートメント・スキンケア・芳香浴

 

 

 

 

使用上の注意点
妊娠初期は使用を避けたい。

 

 

 

 

 

フランキンセンスとブレンド相性の良い精油

フローラル系
ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン

 

 

柑橘系
ベルガモット

 

 

樹木系
サイプレス