MENU

クラリセージ(精油)の効果・作用

香りの系統 ハーブ系
学名 salvia sclarea
科目 シソ科
主な産地 フランス・イタリア・ロシア・モロッコ
抽出部 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
主な作用 鎮静・抗うつ・抗不安・神経強壮・多幸・自律神経調整・ホルモン調整・血圧降下・抗菌・鎮痛・抗ウイルス・抗真菌

 

 

 

 

クラリセージってこんな精油です!
スパイシーで甘味があり、ややパウダリーで落ち着いた香り。

 

原料:標高1000mほどの石灰質、砂質の土壌でよく生育しうす紫からピンクの花を初夏につける1m程度の木。

 

 

クラリーセージのアロマオイルは、様々な優れた特性があり、多様な目的に使用できるために、サロン等でも頻繁に使用される素晴らしいアロマオイルの1つになります。

 

クラリセージの市場相場価格

 

内容量10mlで540円〜3,240円

 

 

 

 

クラリセージの効能と作用

 

心への作用

うつ状態・不安・不眠・緊張・精神疲労・情緒不安定
刺激と鎮静の両面を持ち、緊張を和らげると同時に高揚して幸福感をもたらす。

 

ルームスプレーなどで香りを拡散して芳香浴をすると良い。

 

 

 

体への作用

更年期・月経痛・高血圧
クラリセージの持つ成分酢クラレオールは女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用があり月経周期の乱れや閉経前後(更年期)のさまざまな不快な症状の緩和に役立ちます。
血液循環をよくして体を温める作用もある。
動悸や高血圧、不眠、腹部の膨張感、消化不良など胃腸の不調にも良い。

 

 

 

 

お肌への作用


皮膚バランスを調整する作用があり、無香料シャンプーやローションにブレンドするのもおすすめ。

 

 

 

クラリセージの主な使用方法

アロマバス・トリートメント・スキンケア・芳香浴

 

手軽にセルフケアを行いたい日は、アロマバスがおすすめです。

 

 

 

 

使用上の注意点
妊娠中の方は使用を避ける
車の運転をするときは使用を避ける
ホルモン治療中の方は使用を避ける

 

 

 

 

クラリセージとブレンド相性の良い精油

フローラル系
ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン

 

 

柑橘系
ベルガモット

 

 

樹木系
サイプレス