MENU

アロマオイルの種類

 

アロマオイル(精油)は大きく分類すると、柑橘系、お花系、ハーブ系、樹木系、エキゾチック系、樹脂系の6つの系統に分けられます。

 

 

それでは、アロマオイルの種類別ごとに香りの特徴や効能についてご紹介していきます。

 

興味のある精油をクリックして下さい。
詳細ページへ飛びます。

 

 

柑橘系のアロマオイル

 

 

フローラル系のアロマオイル

 

 

ハーブ系のアロマオイル

 

 

樹木系のアロマオイル

 

 

エキゾチック系のアロマオイル

 

樹脂系のアロマオイル

 

 

違う系統のアロマオイルをブレンド

 

好きなアロマオルが見つかって、アロマオイルにも慣れてきたら、次はアロマオイルのブレンドに挑戦してみても良いかも知れません。
香りの幅が一気に広がって、アロマテラピーライフがもっと楽しくなります。

 

ブレンドする場合は、違う系統のアロマオイルをブレンドしたい場合は、香りのバランス+効能を考慮します。

 

自分の好みのブレンドオイルを作って楽しんでいる方も多いです。

 

アロマオイルのブレンドに興味がある方は次のページに相性の良いブレンドレシピを掲載していますので参考にして下さい。  アロマオイル ブレンド

 

 

 

アロマオイル 通販

 

アロマオイルの種類一覧表記事一覧

 

香りの系統フローラル系学名lavandula officinalis科目シソ科主な産地フランス・イギリス抽出部花・葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用強心・抗ウイルス・抗うつ・消炎・殺菌・鎮痛・抗真菌作用ラベンダーってこんな精油です!ウッディーな基調のフローラル系で軽い甘さのある香り。鎮静・抗ウイルス・細胞成長促進など、多くの特性(作用)がありますが、そのいずれもがバランスを失った心身...

 
 

香りの系統柑橘系学名citrus sinensis科目ミカン科主な産地フランス・モロッコ・チュニジア抽出部果皮抽出方法圧搾法ノートトップノート・香りは強い主な作用強壮・解熱・抗うつ・消化・食欲増進スイートオレンジってこんな精油です!フレッシュで甘く、爽やかな香りがします。リモネンを多く含み消化機能を促進します。また、加温性が高いのでカラダと心をポカポカと温めて、元気づけます。同じ柑橘系でもリフレッ...

 
 

香りの系統樹木系学名melaleuca alternifolia科目フトモモ科主な産地オーストラリア抽出部葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートトップノート主な作用強心・抗ウイルス・抗うつ・抗感染・消炎・殺菌・殺虫・消毒・抗真菌作用ティートリーってどんな香り?薬品的な清潔感のある香りがします。この精油の大きな特徴は、感染力を持つ微生物(細菌・真菌・ウイルス)を抑制する作用と、免疫機構を刺激する強い作用にあり...

 
 

香りの系統フローラル系学名cananga odorata科目バンレイシ科主な産地アジア南部抽出部花抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドル〜ベース ノート主な作用血圧降下・抗うつ・ホルモン分泌調節・皮脂調節効果イランイランってこんな精油です!エキゾチックな印象の甘くて官能的な香りがします。ビクトリア時代、この精油は育毛を促進するマカッサルオイルという整髪料の成分として使われていました。また、インドネシアで...

 
 

香りの系統ハーブ系学名rosmarinus officinalis科目シソ科主な産地フランス・ポルトガル・チュニジア抽出部葉・花抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用強肝・血圧上昇・抗うつ・抗リウマチ・消化促進・発汗・利尿・収れん作用ローズマリーってこんな精油です!クリアでしみとおるような、スーッとした強い香りがします。ローズマリーは若返りのハーブとして名高く、これを処方した化粧水(ハンガ...

 
 

香りの系統フトモモ系学名eucalyptus globulus科目シソ科主な産地オーストラリア抽出部葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートトップノート主な作用血糖値低下・解熱・抗ウイルス・抗リウマチ・鎮痛・利尿・デオドラント・殺菌・殺虫作用ユーカリってこんな精油です!原料:世界で最も背の高い木のひとつであるユーカリ。オーストラリアの先住民たちは、重い傷のまわりをユーカリの葉で巻いていたという。ミント系のしみ...

 
 

香りの系統柑橘系学名citrus bergamia科目ミカン科主な産地イタリア・モロッコ抽出部果皮抽出方法圧搾法ノートトップノート主な作用駆風・解熱・健胃・抗ウイルス・抗うつ・消化促進・鎮静・鎮痛・デオドラント・抗菌・殺虫作用ベルガモットってこんな精油です!やや、フローラルなトーンのある、甘くフレッシュな柑橘系の香りがします。うつや不安、緊張した状態を改善するためによく使われるのは、この香りに気分...

 
 

香りの系統ハーブ系学名mentha piperita科目シソ科主な産地イギリス・フランス・アメリカ抽出部葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートトップノート主な作用強心・血管収縮・解熱・健胃・消炎・制吐・鎮痛・鼻粘液排出・麻酔・消毒作用ペパーミントってこんな精油です!原料:ウォーターミントとスペアミントの交雑種。古代から消化促進と解毒効果が認められて使われていました。メントールのスーッとした香りがします。その...

 
 

香りの系統フローラル系学名Pelargonium graveolens科目フウロソウ科主な産地フランス・スペイン・モロッコ・イタリア抽出部葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用強壮・血管収縮・抗うつ・抗凝血・止血・鎮痛・細胞成長促進・収れん・デオドラント・皮膚軟化・防虫・消毒作用ゼラニウムってこんな精油です!原料:多年生の木、ペラルゴニウム。700以上の種類があり、中でもp.graveo...

 
 

香りの系統ウッド系学名santalum album科目ビャクダン科主な産地インド抽出部心材抽出方法水蒸気蒸留法ノートベースノート主な作用強壮・駆風・消炎・鎮咳・鎮痙・鎮静・利尿・収れん・消毒・皮膚軟化作用サンダルウッドってこんな精油です!原料:常緑性の半寄生樹サンダルウッド。インドでは何世紀もの間、寺院の建材や薫香として使われてきた歴史があります。甘くエキゾッチックでセクシーな木の香りがします。中...

 
 

香りの系統ウッド系学名Cupressus sempervirens科目ヒノキ科主な産地フランス・ドイツ抽出部葉・球果抽出方法水蒸気蒸留法ノートベースノート主な作用強壮・血管収縮・解熱・健康回復・抗リウマチ・止血・鎮静・利尿・収れん・消毒・制汗・デオドラント・殺虫作用サイプレスってこんな精油です!原料:サイプレス(別名イタリアイトスギ)丈が高い、円すい形をした針葉樹。古代ギリシャでは浄化のため薫香と...

 
 

香りの系統柑橘系学名citrus lemon科目ミカン科主な産地イタリア・南ヨーロッパ・アメリカ抽出部果皮抽出方法圧搾法ノートトップノート・香りは強め主な作用緩下・強肝・強壮・駆風・血圧降下・血糖値低下・解熱・健胃・抗ウイルス・抗リウマチ・抗神経痛・止血・止痒・浄血・制酸・利尿・収れん・皮膚軟化・腐食・免疫賦活・殺菌・殺虫・消毒作用レモンってこんな精油です!原料:最大で6mほどまでの高さに育つ常緑...

 
 

香りの系統樹木系学名juniperus communis科目ヒノキ科主な産地フランス・イタリア・カナダ抽出部果皮抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用強壮・解熱・健胃・抗リウマチ・浄血・鎮痛・通経・発汗・収れん・殺菌・殺虫・消毒作用ジュニパーってこんな精油です!原料:常緑の低木のジュニパー。古代から薫香として焚かれていた。悪霊祓いや、コレラのような伝染病の治療に使われていました。ウッディー...

 
 

香りの系統フローラル系学名citrus aurantium科目ミカン科主な産地フランス・モロッコ・チュニジア抽出部花抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用強心・強壮・抗うつ・鎮静・細胞促進・デオドラント・皮膚軟化・殺菌作用ネロリってこんな精油です!原料:ビターオレンジの花の部分。オレンジの香りをフローラルにしたような優雅な香りがします。注目すべきは、心因性の障害を改善する作用があることです...

 
 

香りの系統フローラル系学名rosa damascena科目バラ科主な産地ブルガリア・フランス・モロッコ・トルコ・モロッコ抽出部花弁抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用緩下・強肝・強壮・健胃・抗うつ・子宮強壮・止血・消炎・浄血・鎮静・収れん作用ローズってこんな精油です!原料:小さなトゲをもつバラ。ローズの精油の中で水蒸気蒸留法で得る精油のことをローズオットーと呼び、スキンケアに向きます。深...

 
 

香りの系統フローラル系学名matricaria chamomilla科目キク科主な産地ドイツ・フランス・モロッコ抽出部花抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用解熱・健胃・抗アレルギー・抗うつ・抗リウマチ・止痒・消炎・消化促進・制吐・鎮静・鎮痛・通経・発汗・皮膚軟化作用カモミールってこんな精油です!原料:20〜50cmほどの高さの一年草カモミール古代エジプトでは熱病や神経に関わる病気の治療に...

 
 

香りの系統樹脂系学名boswellia carterii科目カンラン科主な産地ソマリア・インド・オマーン・イエメン抽出部樹脂抽出方法水蒸気蒸留法・有機溶剤法ノートベースノート主な作用鎮静・抗うつ・抗カタル・癒傷・皮膚細胞活性・抗菌・抗ウイルス・抗真菌・免疫強化フランキンセンスってこんな精油です!原料:乾燥した半砂漠地域に育ち、梅に似た外観の低木。木の樹脂の精油だが、木の葉や枝に含まれる成分を含み、...

 
 

香りの系統ハーブ系学名cymbopogon ciratus科目イネ科主な産地ベトナム・スリランカ・インドネシア・インド抽出部根を除く全草抽出方法水蒸気蒸留法ノートトップノート主な作用鎮静・鎮痛・抗アレルギー・血流促進・血管拡張・血圧降下・消化促進・駆風・抗炎症・解熱・収れん・抗菌・抗ウイルス・抗真菌・昆虫忌避レモングラスってこんな精油です!原料:草丈の高いイネ科の多年草レモングラスに含まれている成...

 
 

香りの系統柑橘系学名citrus reticulata科目ミカン科主な産地イタリア・スペイン・アメリカ抽出部果皮抽出方法圧搾法ノートトップノート主な作用鎮静・自律神経調整・抗うつ・抗不安・抗痙攣・駆風・消化促進・血流促進・抗菌・抗ウイルスマンダリンってこんな精油です!甘さが強く、子どもたちにも好まれる香り。原料:原産地は中国でいくつか種類があり、日本の温州ミカンもマンダリンの仲間に入る主成分リモネ...

 
 

香りの系統柑橘系学名citrus aurantium科目ミカン科主な産地スペイン・イタリア・パラグアイ・チュニジア抽出部葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用鎮静・抗うつ・抗不安・自律神経調整・精神安定・神経強壮・皮膚組織活性・抗菌・抗ウイルス・癒傷プチグレンってこんな精油です!葉を揉んだときの青臭さと少しネロリを思わせる香り原料:ビターオレンジから採れる3種類の精油のひとつ。原料にした...

 
 

香りの系統エキゾチック系学名Pogostemon cablin科目シソ科主な産地インド・インドネシア・マレーシア・マダガスカル抽出部葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートベースノート主な作用鎮静 パチュリーってこんな精油です!オリエンタル調で、東洋的なイメージが強い香り原料:約70cmほどに成長する多年生の草木古くからアジア地域でさまざまな用途に利用されてきた植物で、マレーシアではハチや毒ヘビに対処するハー...

 
 

香りの系統ハーブ系学名salvia sclarea科目シソ科主な産地フランス・イタリア・ロシア・モロッコ抽出部花と葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用鎮静・抗うつ・抗不安・神経強壮・多幸・自律神経調整・ホルモン調整・血圧降下・抗菌・鎮痛・抗ウイルス・抗真菌 クラリセージってこんな精油です!スパイシーで甘味があり、ややパウダリーで落ち着いた香り。原料:標高1000mほどの石灰質、砂質の土...

 
 

香りの系統ハーブ系学名origanum majorana科目シソ科主な産地エジプト・チュニジア・スペイン・フランス抽出部花と葉抽出方法水蒸気蒸留法ノートミドルノート主な作用鎮静・自律神経調整・精神安定・神経強壮・血圧降下・健胃・血流促進・抗ウイルス・抗菌・抗真菌 マージョラムってこんな精油です!温かみがあって落ち着いたスパイシー調のハーバルな香り。原料:草丈は20〜50cmほどで卵型のかわいらしい...